森川病院

from by owtn.

/

lyrics

パズルのように
わかりにくいのがいいな
ほどけない紐のように
引っ張ると絡まるくらいがいいな
今日も看護師さんに
無理矢理に起こされ
散歩に連れ出されるのだけど
今のわたしはもう
中庭に行って帰ってくるだけで
へとへとになってしまう

前髪がすぐ伸びるので鋏を病室へ持ち込んだが
見つかって取り上げられてしまった
部屋にはテレビがない
お父さんとお母さんはすでに
わたしなど初めからいなかったように
三人家族として 弟をかわいがった
家族は一度もここには来なかったが
ボーイフレンドが時々
お見舞いに来てくれた

ここには傷つける人もいなければ
愛してくれる人もいない
窓の外は雪が降り始めていた

ふたりでいつか
ストックホルムに住もうねと
笑っていたあの頃
「言葉がわからないよ」というと
「なんとかなるさ」と君は返した

心配事は無くなればいいよ
一つも無くなればいい
わたしのこころは
大さじ5杯のお薬にも救えない

晴れやかな空のように
どこまでも澄み渡ればいいのだけれど
わたしのことは
みんな人間に見えていないみたいね
だからわたしの頭の中は
絡まるネックレスの
繊細な鎖のように
引っ張ると千切れるくらいがいいな


窓の外は雪が降り
集中治療室のランプが灯(つ)いた

credits

from フロイデンベルクの森, released May 21, 2017

tags

license

about

POEM CORE TOKYO Tokyo, Japan

POEM CORE TOKYO is a netlabel out of tokyo that focuses on poem core.

contact / help

Contact POEM CORE TOKYO

Streaming and
Download help